【宿泊レビュー】子連れにも安心大満足!宮古島東急ホテル&リゾート

リゾート開発ラッシュの宮古島。

ホテルの数も急激に増えているのですが、子どもが安心して遊べるビーチとプールの両方を備えたホテルは多くありません。

今回は、宮古島ならここに泊まろうと以前から決めていた宮古島東急ホテル&リゾーツに宿泊。

宮古島では老舗のホテルですが、4歳と2歳の姉妹もそれぞれ大いに楽しみ、子連れにも大正解のホテルでした。

宮古島東急ホテル&リゾートのお部屋

東急宮古島にはオーシャンウイング(本館)とコーラルウィング(新館)があります。

今回はコーラルウィング(新館)のスーペリアツインに宿泊しました。

このホテルで添い寝扱い(ベッドなし)にできるのは小学生未満。
4歳と2歳は添い寝にしたので、子どもの宿泊料金は発生していません。

どこをどう撮っても子どもが映り込む…

4階の部屋の窓から見える青い海!この青を見たくて宮古島に来たんです!

洗面台からも外の景色が見えるおしゃれ仕様。鏡もスライドさせることができます。

アメニティも十分。タルゴのラメールのものでした。

子どものお昼寝タイムに活躍したネスプレッソマシン。

実は、オーシャンウィングで予約していたのですが、記念日旅行ということを事前にお伝えしていたこともあり、ご好意にてアップグレードしていただきました。

おかげでユニットバスのお部屋から、バス・トイレ別のお部屋になり、本当にありがたかったです。

また、東急コンフォートメンバーズの会員カードを作っていたため、チェックアウトも通常の11時から12時になりました。宿泊代やレストラン代でポイントも付きます。

WEBから無料で登録できますので、作っておくと良いですよ!

宮古島東急ホテル&リゾートのプールは赤ちゃんでも楽しめる!

今回の旅の目的は、子どもたちに思う存分に海とプールを楽しんでもらうこと!

さっそくビーチハウスへ。視界に入る青い海、テンション上がります。

子ども用浮き輪とアームリングは宿泊者ならレンタル無料です。
浮き輪は50cmのものでした。

タオルもこのビーチハウスで1人1枚借りられ、ビーチに持っていくこともできます。

プールは子ども用と大人用があり、こちらが子ども用↓

階段状のプールの一番浅いところは身長80cmでも足首上くらい。

おすわりができればパチャパチャ楽しめる浅さ!
2歳も怖がることなく徐々に深いところにチャレンジできました。

身長95cmの4歳は、一番深いところでもギリギリ足がつく深さ。

まさに幼児にぴったりのプールです。

プールサイドのチェアの数も沢山あり、余裕で座れました。

宮古島東急ホテル&リゾートから与那覇前浜ビーチへもアクセス抜群!

このホテルの強みは、東洋一とも言われる美しさの与那覇前浜に簡単にアクセスできること。

昔はホテルの建物の前もビーチだったはずですが、今は砂浜が流出してしまい展望台に。

現在はホテルのやや南側、来間大橋側で遊泳できます。

いかにも南国らしい草木の小道を抜けて…

この坂をくだると・・・

白砂がきれいな透明度の高いビーチ!

砂遊びセットがおいてあり、自由に使えます。

波が怖い2歳は、海にはほとんど入らず砂遊びに夢中。

宿泊者はパラソル&チェアが無料なので、日陰で遊べるのも助かりますね。

4歳はプカプカと波に揺られて「うみ、さいこー!」と言いながらすっかりリゾート気分。

くつろぎ方を知ってるねぇ。

海とプールの両方を毎日毎日、満喫しました。

宮古島東急ホテル&リゾートはベビー・子ども用の貸し出し品が豊富

東急宮古島はベビー・キッズ用の貸し出し品が豊富です。

宿泊前にリクエストしていたものは、全て部屋に用意されていました。

今回お借りしたもの

  • ベッドガード
  • 洗面ステップ・オムツ入れ
  • B型ベビーカー(A型もあります)
  • 補助便座

その他、ベビーベッド、バンボ、バスチェアもできますので、必要に応じてリクエストしておくとよいでしょう。

子ども用パジャマも可愛いからぜひ借りて!

子ども用パジャマもリクエストしないと出てきませんが、リゾート感溢れてとっても可愛いのでおすすめ!

サイズは3サイズ。

身長80cmでも一番小さいサイズ(100か110か失念)で十分着れましたよ!

パジャマは2日目からお借りしましたが、数に限りがあるそうなので、欲しい場合は事前にリクエストするのがよいでしょう。

なお、部屋に置かれている大人用パジャマは長袖長ズボンのセパレートタイプでした。

その他、チェックイン時に子ども用歯ブラシとスリッパを渡していただきました。

歯ブラシは幼児にはちょっと大きめで、毛も硬かったみたい…

洗濯機もたくさん

コインランドリーがあるので、沢山の着替えも必要ありません。

洗濯機200円、乾燥機100円。
台数も豊富で、待ちもなくすぐに使えました。

洗剤は無料のジェルボールがおいてあります。

洗濯時間はおよそ30分。

乾燥機は使いませんでしたが、部屋に備え付けの物干しにかけておき、一晩で乾きました。

水着脱水機も便利!

コインランドリーの前にあるこの機械。

無料で使える水着の脱水機です。

水着を1枚ずつ入れて、10秒ほどボタンを押し続けると脱水できます。

チェックアウト前にプールに入った際、この脱水機で水着を脱水し、かなり軽くした状態で荷造りできたので助かりました。

宮古島東急ホテル&リゾートの朝食

朝食は洋食バイキングと和食を選べます。

【洋食】 ニライカナイ

洋食バイキングは3泊中2回お世話になりました。

1回目は屋内が満席で、空いていたテラス席へ。

開放感があり、草花やちょうちょを見ながら食べる朝食もいいのですが、風でおしぼりが飛んでいったり、子どもたちが散歩に出たがり早々に離席するなどちょっと難点も。

子どもを見ながら料理を取りにいくのに少し距離も感じたので、2回目は屋内にしました。

幼児連れの食事が毎回修羅場なのウチだけ?

料理は多少の沖縄料理やその場で焼いてくれるオムレツなどもありますが、沖縄本島のリゾートホテルに比べると普通な印象です。

味は美味しかったのですが、翌々日もメニューにほぼ変化はなく、何を食べようかと逆の意味で悩んでしまう感じでした。2泊以上するなら和食と組み合わせるのがおすすめです。

なお、瓶詰めのベビーフードや ゆし豆腐もあるので離乳食期の赤ちゃんも大丈夫。
使い捨ての紙スタイ(ポケット付)も用意してもらえます。

子ども見ながらバイキングコーナーを撮る余裕なし!

【和食】 やえびし

2日目は和食レストラン「やえびし」へ。

こちらは釜焚きごはんが食べられます。

本当に薪と釜でご飯を炊いています。ご飯はおひつで提供され、おかわりもできます。

お膳のボリュームは多くはありませんが、この他に小鉢、サラダ、揚げ物、フルーツなどのミニビュッフェがあります。

旅行中は バイキングだ!ご当地グルメだ!と食べすぎてしまいますが、 THE・和食 を挟むとお腹がホッとしますね。

子どもたちも、ふりかけご飯に安堵していました。

宮古島東急ホテル&リゾートの夕食

このホテルで夕食がとれるレストランは4店。

  • ニライカナイ ―ビュッフェ
  • マイパマ ―BBQ
  • やえびし ―和食・寿司・鉄板焼
  • ムーンシェル ―BAR

今回は到着日にマイパマでのBBQディナーを予約しておきました。

屋根付き席と屋外席があります。

屋外は雰囲気があっていいのですが、雨天時はキャンセル(屋根付きに空きがあれば振替可)とのこと。雨女なので屋根付きにしました。

屋根付きと言っても、オープンエアーなので外気が十分入ってきます。

屋外は19時近くまで日差しが当たっていたので、小さな子どもは少しつらいかも。
我が家は屋根付きで良かったです。

メニューは時期によって内容と値段が変わります。

4歳と2歳は取り分けでOKと言われたので、大人用に「ゆうなぎ」と「さざれなみ」のセットを各1人前ずつ注文。

セットメニューには「サラダ・フルーツ・ドリンクコーナー」が含まれており、フライドポテトや焼きそばなども置いてあるので、子どもはそちらを好んで食べていました。

せっせと焼いて子どもたちに食べさせていると、近くのテーブルから「わぁっ」と歓声が。

外を見ると見事なサンセット。

最後はアイスキャンディーで子どもも大満足。

このホテルは赤ちゃんや幼児連れも多いので、朝食会場も含め気兼ねなくレストランを利用でき、スタッフさんも親切だったのがとても良かったです。

食事のルームサービスは、コロナの影響で中止とのこと(2022年6月現在)。

他の日はスーパーや道中で買ったお惣菜を部屋で広げてパーティーです。

子ども用のメニューはさておき、お刺身の種類やお惣菜も、本土とは違うので興味深いですね。

これは「のりたま」という宮古島の巻き寿司。

たまご、たくあん、かまぼこが入っていて、絶妙にマッチしています。

私の大好物、ウムクジの天ぷらも。

目を放した僅かな間に、2歳がほとんど食べてつくしていました…

アクティブ系幼児2人を連れての外食はせわしなく、子どもたちも見慣れぬ場所とメニューで思ったより食べないので、部屋で食べるのが一番平和でリーズナブル。

宮古島でテイクアウトできるお店は少なめなので、テイクアウト利用の場合は事前リサーチが必要です。

本当はガーリックシュリンプのハリーズに行きたかったけど、行程あわず断念

花火もできるんです

とてもキレイな与那覇前浜ですが、じつは花火できるんです。

ホテルのフロントで、バケツやチャッカマンを借りました。

当然ですが、ゴミの完全回収はお約束です!

ちょっとまだ明るいですが、日の入の頃に花火開始。

完全に日が落ちる前に砂浜から引き上げるのがいいかもしれません。

海岸が真っ暗になり落としたゴミが見えなくなるのと、子どもは怖がったり、暗い砂浜に足を取られて歩きづらいです。

花火は飛行機に乗せられないから宮古島のダイソー(場所は後述)で買ったよ

夕方の時間帯からヤドカリさんもわんさか出てきますので、戯れながら帰りました。

宮古島東急ホテル&リゾートのホテル内ショップ

ホテル内にもコンビニが有ります。

営業時間は 7:30〜22:00 と長め。
パンやおにぎり、アイス、飲み物、水遊びパンツなどが買えます。

なお、ホテルの外の最寄りコンビニは、ファミリーマートで車で5分ほどです。
宮古島のコンビニはファミマ一強。セブンイレブンもローソンも今の所ありません。

1階にはお土産物屋さんが2店。

プルメリアは宮古土産のお菓子や雑貨のお土産など。
カラフルなお魚が入った水槽があり、通るたびに子どもが喜んでみていました。

南々風は主にかりゆしウェアやTシャツ、泡盛などを売っていました。

キッズスペースは閉鎖中(2022年6月時点)

コンビニ横にキッズスペースがありますが、現在は閉鎖中でした。

ほんと早くコロナ収まって欲しい…

子連れの味方!最寄り西松屋・ダイソーはここ!

子連れは何かと大荷物になりがち・・・

ですが、「西松屋」と「ダイソー」が入ったSCを把握しておけば、怖いものはありません。

それが、イオンタウン宮古南ショッピングセンター

ホテルから車で10分強なので、出かけたついでに寄るのがおすすめです。

イオン系スーパー「マックスバリュ」を中心に、西松屋、ダイソー、ドラッグストア、マクドナルド、大戸屋、ヤマダ電機など。忘れ物をしても大抵の物はここで手に入ります。

安心感ハンパない!

また、2022年6月に宮古空港近くにオープンしたサンエー宮古島シティも要チェック。


シーズンにはお手頃価格のマンゴーが手に入るかも?!

他にマツモトキヨシ、無印良品など馴染みのテナントも入っています。

宮古島東急ホテル&リゾートへのアクセス

宮古島東急ホテル&リゾーツは、宮古空港から車で10分ほど。

〒906-0305 沖縄県宮古島市下地与那覇914

送迎車(要予約)も無料で利用できるので、子連れでも移動の負担が少ないホテルです。

仙台空港から宮古島への直行便はありません。

今回は、ANAの仙台→名古屋→宮古を利用しました。
仙台を朝に出発し、14時過ぎには宮古島に到着するので、到着日から楽しめるいいダイヤだと思います!

ツアーを利用するならレンタカー付きが断然おすすめ。
この夏、沖縄は空前のレンタカー不足なので、別に手配するのはかなり大変&高額ですよ。

子供連れで旅行しながらブログ用の写真撮れるママさん尊敬しますわ。ほんと難しい。
スポンサーリンク