【沖縄旅行-1】冬の沖縄本島3泊4日 那覇で美味しかったもの

2月下旬の某日、3年半ぶりの沖縄旅行へ出発しました!
初日は那覇泊。着くなり食べてタベテ& tabete終わりました。

仙台⇒那覇 11:55発 NH1863便

そういえば2017年初フライト!

いいお天気の中、ボーイング737-600はほぼ定刻どおり出発です。

プレミアムクラスの空席状況をずいぶん前からウォッチしていましたが、
一瞬たりとも空かないのも納得。普通席まで満席です。

わずか10席しかないプレミアムクラスへの 当日アップグレードは夢と終わりました。

「非常時のアシストはバッチリ出来るはず!?」と
21H・21K の非常口席を指定。

足元 広々。

ここってお見合い席だったんですね。
若くてフレッシュな感じのCAさんと対面が微妙に気恥ずかしく、
離着陸時は宙の一点を見つめたままでした(^^;

テーブルが肘掛けに格納されていたり
座席ポケットが壁にあったりと、勝手が少々違いますが
飛行時間が長めの便では、窮屈感がないこの席の方が
わたし好きですね。

ヒコーキの上で、ヒコーキ好きが書いた、ヒコーキの本をよんで、ヒコーキ満喫。

那覇到着。思ったより・・・冬

那覇空港に到着すると、いつもは南国特有の
ムワワ~とした空気が出迎えてくれるので
「きたきた沖縄~!!」って思います。

今回もそんな空気を浴びんと、いざ空港の外へ!

・・・・ひゅ~~~~ん

ほほをかすめる乾いた空気。ていうか、寒い。

ま、沖縄とて冬。そりゃ寒いか。

寒いって言っても、コートは不要なので、宮城よりは断然暖かいです。

でも、思ってたんとちが~~~う!(;▽;)って感じ。

気を取り直してすぐさま、最初の目的地に向かいます。

初!テンダーロインステーキへ

那覇についたその足で、ゆいレールに乗り込み、
がつ~んとステーキを食べにいきました。

旭橋駅から徒歩約10分くらいの ジャッキー ステーキハウス (JACK’S STEAK HOUSE)

1,2階がレンガ色のネストホテル那覇を目印に行くといいと思います。
お店はホテルの裏側にあります。

ステーキのお店って、沖縄でよく見かけるけど
入ったことはありませんでした。

てっきり観光客向けだと思っていたから・・・(観光客だけど。)

でも、沖縄県民のソウルフードなんですってね。
飲み会のあとの締めにステーキなんてことも、あるとかないとか。

このジャッキーステーキハウスは、アメリカ占領の時代に
アメリカのレストラン基準をクリアした店に与えられた
「Aサイン」があるステーキ屋さんです。

古くから地元の人にも愛されているお店なので、時間によってはかなり並ぶそう。

時間は16時過ぎ。
店頭の空席状況を示す信号機は「やがて空席」の表示でしたが・・・

2,3の空席があったので、すぐに着席。

テンダーロインステーキのMサイズで 2,300円。
スープ・サラダ・ライスorパンが付きます。

初めて「テンダーロイン」というものを食べました。

最初の一口目は、美味しいんだか美味しくないんだか
正直、分かりませんでした。

だけど、赤身で脂っこくなく
しっかりしていているけど硬くはない。

ふた切れ、三切れ、と食べて「こういうステーキなんだ!」
と理解したら、美味しくなってきました。

No.1ステーキソースをかけると、甘酸っぱく変身。

おぅ、これが沖縄ステーキの味なんだな。うん。おいしい。

ステーキについてくる白いスープも、独特の味。

クラムチャウダーかと思いきや、
ミルキーでとろみがあるとんこつスープみたいな感じです。
あと、小麦粉感と牛乳感がすごい。

最初は想像してた味じゃなくて驚きましたが
これも慣れてくると美味しいです。恋しくなる味かも。

テーブルの塩コショウで、お好みの味にして飲むらしいのです。
帰ってから知りました。ハハハ。
どおりでちょっと 間抜けな 優しい味だな~と思った。

ソース小話| A1ソースが欠品です

ステーキ屋さんに行ったのは、沖縄県民が愛してやまないという
「A1ステーキソースでステーキを食べたい」と思ったから。

だけど、お店あったのはNO.1ステーキソース。・・・あれ?

イギリスBrand社製 A1ソース(エーワンソース) 240g 8.5oz

イギリスBrand社製 A1ソース(エーワンソース) 240g 8.5oz

432円(09/21 08:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

ちゃんと調べてなかったよぅ!(´∀`;)

No.1ソースはジャッキーが国内メーカーと開発したものらしく
ほかのステーキ屋さんはおおむねA1ソースだそうです。

A1ソースの方がクセが強く、好みは分かれるとか。

お土産にスーパーでA1を買おう!と決めたはいいが
サンエーでもマックスバリュでも、A1ソースの棚には「欠品中」の札。

店員さんに聞いても「テレビの影響らしく、メーカーで品薄なんです・・・」とのこと。

ますますA1ソースとやらを食べてみたくなった私たち。

最終日までA1、エーワン、えーわん・・と
行く先々のお店でソース売り場を見ていたのですが
最後の最後、那覇空港のファミマで見つけました!!

じゃじゃーん。

でもね。

帰ってから仙台駅のジュピター(輸入食品店)で見つけた時は
から崩れ落ちたね… (´д`ι)

両方食べ比べた結果

私が好きなのはジャッキーにあるNo.1ステーキソースの方だな

買って帰るなら、No.1のほうがレアです。

格安!国際通りの美味しい390円ソーキそば

国際通りから徒歩圏内のホテルに荷物にを置いて国際通りを散歩。

職場用のお土産以外、これと言って買うものもないとなれば
もはや食べるしかなく(笑)訪問候補にあがっていたお店に行きました。
田舎 公設市場南店 年季の入ったソーキそばやさんです。

ここはなんと390円でソーキそばが食べられるリーズナボーなお店。

390円とあなどるなかれ。
お肉は3枚。厚めでほろほろと口の中で解けるほど柔らかさ。
甘めの味付けが、澄んだあっさりスープと良くあう。

小ぶりの器ですがちょっと固めの麺とあいまって
なかなかボリュームを感じます。

ジャッキーステーキの後だけど、箸は止まらず一気に完食!

お店はちょっと奥まったところにあるので、分かりにくいかも。
このお土産やさん「照屋」の横から入ると見えます。

19時閉店ですが、18:40過ぎに行ったらギリギリセーフって感じでした。

ホテルで〆。シチューマチのお刺身

今回の那覇での宿は ホテルオーシャン那覇国際通り

牧志駅のほうですが、国際通りからも歩けるので便利なホテルでした。

ホテルの道路1本渡った先にはスーパーのサンエーがあります。

シチューマチの刺身とオリオンビール(わたしはサンピン茶)を買って初日の〆。

シチューマチのお刺身。

シチューマチって知らんぞ?と思い、食べながらググると
シチューマチは沖縄の方言で、一般的にはアオダイのことだそう。

正直「これがシチューマチ!!」という特徴的な味はなかったんですけど
その分くせはなくて淡白なお味。

土地の魚はなかなか食べる機会がないですが
スーパーで買えばお安く食べられます。

醤油をもらい忘れると悲惨なのでご注意を(笑)

仙台から那覇への到着日。街中ならレンタカー不要

仙台からゆっくり出発できるのはいいけど、
夕方に近い時間に那覇に着く仙台⇒那覇便は、
初日のスケジューリングがちょっと悩ましいですね。

1日目は那覇到着が15:30とハンパだったので、レンタカーを借りず
空港からつながっている ゆいレール を活用して那覇プラにしました。

おかげでレンタカー1泊分+駐車場代を浮かせたし、
昔から地元で愛されている美味しい2店に行けて大満足でした。

2日目につづく

スポンサーリンク