日本最古の温泉ちゃぽーん。そして愛媛から仙台へ【香川&愛媛ひとり旅-3】

ひとり旅最後の訪問先は、愛媛県の松山市。
日本最古の温泉「道後温泉」を目指します。

丸亀でも、朝うどん

港近くで早朝から開店している 喰うかい(くうかい)さんへ。

「丸亀魚市場」と書かれた、縦長の看板が目印。

茹で置きではなく、注文してから茹でてくれるので
少し時間がかかります。

釜玉(小)200円。

つやっつやの麺が、食欲をそそる♪
手打ちの平たい麺で、朝うどんにぴったりのコシはちょい柔らかめ。

本当は(大)でも余裕で食べられちゃうな~。

ちなみに、本州のわたしにとって丸亀といえば、丸亀製麺。
ですが、丸亀市とは無関係で、兵庫の会社だそうですね(^^;
丸亀製麺のうどん好きだけど、なんかちょっとがっかり~

丸亀⇒松山へ

丸亀から松山は160kmほど離れています。
JR特急しおかぜで約2時間の移動。

松山駅到着。街の規模のわりに、意外と小ぶりな駅です。

路面電車もレトロ可愛いすぎる~。昭和!良い!

うきうきと乗りこんで、一旦、本日のホテルに向かいます。

チェックインまで時間があるので
ホテルに荷物を預け、宿泊者用のレンタサイクルを拝借。


松山城へ行ってみました。

松山城

正直言って、わたし、お城に興味なし(笑)

でも、松山城は行ってよかった!

山の上にあって徒歩だとかなり歩くようなので
ふもとから出ているロープウェイで登りました。

まずね、眺望が素敵! 瀬戸内海まで見える。

お城素人でもわかる、石垣の立派さ。

外観も、白と黒い壁のコントラストが綺麗。
下手に手を入れて現代風にピカピカしてないところが、かえってカッコいい!

いよかんソフトでちょいと休憩。
愛媛のゆるキャラ、みきゃんちゃん。葉っぱのお耳と、しっぽのお花が可愛い。

ランチは宇和島鯛めし

街中にもどり、郷土料理 五志喜(ごしき)でランチ。

宇和島鯛めしは、お刺身をご飯に乗っけて、タレをかけて食べるスタイル。

当日仕入れたという新鮮な鯛とご飯を、豪快にかっこみました。

ランチの前後に、坂の上の雲ミュージアムも行ったけど
どういうわけか記憶がない。写真もない(笑)

道後温泉

宿に自転車を返し、路面電車で道後温泉へ。

こんなん、普通に道路にいるから驚いちゃうよね。

日本最古の温泉の、この佇まいに うっと~り。

チケットを買って、2階にあがります。

大広間での休憩と浴衣、お茶・お菓子もつく「神の湯」800円

 

お風呂にチャポーンと浸かって、ビバノンしてたら
地元のおばぁちゃんが話しかけてきた。

御歳93歳! すごくピンピンでお肌ツヤツヤ。
自宅から自分で15分の自転車漕いで、毎日このお湯に入りに来ているとか。
元気の源だね。

日が暮れても、また綺麗です。

夕飯は道後温泉近くの居酒屋さんで、新鮮な瀬戸内海の幸を楽しみました。

宿泊- プレミアイン松山

松山のお宿は、プレミアイン松山のレディースルーム。

フットマッサージャーに、スチームエステなど
家にはない、嬉しいアイテムが。

坊ちゃん団子をつまみながら、足をもみもみ。

スチームでお顔しゅわしゅわ。

普段はできないお手入れも、女ひとり旅の夜のお楽しみです。

松山⇒乗り継ぎ⇒仙台空港着

最終日は取れた飛行機の時間の都合で、ほぼ帰るだけ。

松山から仙台へは、伊丹空港での乗継ぎが便利ですが、
中部国際空港(セントラル)を見たかったので
ボンバル機でセントラルへ~♪

セントラルはデッキが広く、写真も撮りやすくていいですね。

フィンエアーにベトナム航空、

キャセイにチャイナ、そしてシンガポールも。

うぅ、うらやまし~い。
仙台国際空港もいつか、こんなふうに各国の飛行機が並ぶ日が・・・来ないか

軽いランチに天むす。

う~む。「天」と「むす」だな。
美味しいけど、思ったほどの一体感はない(笑)

このあと、仙台行きの飛行機に搭乗、お昼過ぎに帰宅となりました。

はぁ~、楽しかった!


東北からは、ちょっと距離を感じる四国。

でも、伊丹空港や中部国際空港で乗り継げば、
愛媛や高知へは、わりと行きやすいです。

香川に行くなら、寝台特急「サンライズ瀬戸」もおすすめ!

陸路と空路、どちらも楽しめる今回の香川-愛媛ルート
なかなかいいと思いますよ。

以上、大満足の3泊4日でした。

スポンサーリンク