【沖縄旅行-3】北部ぐるり一周。沖縄本島は思っているより長かった!

沖縄3日目。
雨ときどき大雨。バルコニーもびっちゃびちゃ。

4度目の沖縄本島となると、もはや王道の観光地から外れていきます。

だけど沖縄での観光って大抵の場合、美ら海水族館どまりじゃないですか?

そのもっと北側、いわゆる「やんばるエリア」はどんな感じなのか
ずっと気になってたんですよね。

というわけで旅行記的には地味だけど、自分たちにとっては
今回一番のハイライトとなる、北部ぐるり一周の1日です。

おおよそのルート

この日は恩納村を起点に、西海岸側から北上して沖縄本島最北端にタッチ、
東海岸側から南下して恩納村に戻る、ほとんどドライブな一日です。

北部は高速道路はありませんので、ず~っと下道です。
(高速あっても下道だけどね)

グーグルマップの経由地設定の限界で、キングタコスのあとホテルまで戻るルートを表示できなかった・・・

和朝食でスタート

まだ日も昇らぬ朝6時30分。
朝食スタートと同時に会場へ(ばぁさんかよ)

宿泊した モントレ沖縄 の朝食は「和食」「ビュッフェ」を選べます。
この日は「和食」をチョイス。

わたしは、ご飯をおかゆにしてもらいました。(ばぁさんですわ)

絶品!美ら海水族館の行き帰りにもおすすめ「山原そば」

9時過ぎにホテルを出発。

最初に向かったのは、美ら海水族館へも行ける道すがらにある
山原そば(やんばるそば)です。

人気のお店なので、けっこう混みます。

朝ごはんがまだお腹に残っていたので「小」をチョイス。

↑ 三枚肉そば(小)550円

↑ ソーキそば(小)650円

どちらのお肉も、しっかりした噛み応えのあるお肉。

ほろほろ崩れる柔らかいタイプではないのですが
これまた甘辛さがしみてて、い~いお味なんだよ。

スープも麺も、美味しかった!

うん。今まで食べたソーキそばのなかで一番好き。

11時開店なので1回転目で入店しようと、10:30過ぎに到着。
目論見どおり、すんなり入れましたが、
食べ終わって出る頃には20人は並んでいました。

北部唯一の世界遺産 今帰仁城跡

「城跡って、城の跡でしょ? 城はないんだよね・・・」
と今までスルーしてきた今帰仁城跡。

最近は、歳とともに思考が変わってきたようで
「歴史を感じる場所も面白いかもね」とついに訪問です。

しかーし!

このとき、雨のピーク。

ホテルの部屋から持ってきた傘が
壊れそうになるほどの風と横殴りの雨。

霧の向こうにかすかに見える、青い海・・・

本来なら見えるであろう絶景は、見えませんでした。

でも、石垣は思ってたより規模が大きくて立派!

古宇利大橋を通過

古宇利島は過去2回ほど行ったので、今回はスルーの予定だったけど
すぐ近くを通ったので、橋だけとおることに。

前を走るレンタカーが運転しながら写真を撮ろうとしていて
ふらふら運転。タイヤを縁石にこすってて、恐怖。

こんな車には、近づいてはならぬ。くわばらくわばら。

「夏の方が綺麗だったね」と、テキトーに眺めて
古宇利島の入り口でくるりと引き返し、最北端へ向けて北上します。

ついに来た!沖縄本島最北端 辺戸岬(へどみさき)

周りの山や木々が、南国から本州っぽい雰囲気に変わるのを感じつつ
古宇利大橋から北に向かって走ること1時間30分。

とうとう最北端の辺戸岬到着!

南と違って、海は濃紺。天気のせいだけじゃないね。

ちっちゃい万座毛みたい(笑)↑

本島最北にして沖縄初の共同店「奥共同店」

辺戸岬から車で10分ほどで到着する沖縄最北端の集落「奥」。

まぎれもなく、やんばる地区の「奥」にあります。そのまんまだよ。

本島北部ではちょくちょく見かける共同店(共同売店)は
食料品や日用品を売っている、いわばスーパーですが
民間の会社が運営しているわけではありません。

生活の利便性向上のために集落の人々の出資で運営し、
地域の方が交代で店番している、まさに「共同店」なのです。

ここは沖縄最初の共同店で、その歴史は100年以上なのだとか。

すごいじゃないか。

ガソリンスタンドもあるよ。

奥集落は、お茶が名物。お土産に買って帰りました。

まさかここで、丸森町のお米に出会うとは。

掲示板には、求人も。

「男の子用。ご自由にどうぞ」助け合いながらの生活だよね。

自然は豊かだけど、やっぱり買物に関しては不便なんだろうな~。

店内には、本の貸し出しなんかもあって
地域の人の寄り合い所としても機能しているのでしょう。

東海岸沿いを南下

この先は、東海岸にそって南下しつつ走る。ひた走る。

景色的には「村田」(←宮城県人なら分かるべ)の山の中を走っている気分です。

たまにある”動物注意”の標識が、
ヤンバルクイナという天然記念物の鳥であること以外、
「なんか見慣れた景色だよね~」なんて話しをしていました。

よ~くみると、生えている植物はちがうんですけどね。

ちなみに、沖縄のテレビを見ていると
「ヤンバルクイナが車に轢かれて死亡」というのを
トップニュースで見ることもあります。

特にGWの時期は、クイナの活動が活性化するうえ
車の往来が増えるので、轢かれてしまうようです。

車が来ても、やつは飛べません。スタコラ歩いて逃げるしかないのです。

やんばる地区では貴重なクイナさん↑のためにも、スピードは控えめに。

キングタコス金城本店

キングタコス金城本店は、タコライス発祥のお店

ここまで、遠かった!
辺戸岬・奥集落のあたりから、車で2時間。

17時になっていました。
その間、特に寄るところもなくて、だたひたすら走ってきたけど
正直こんなに時間がかかると思ってなかった。

11時のやんばるそば以来、お菓子しか食べてなかったので
空腹もはなはだしい。

だからって、ここでタコライスを2個も頼んだら、えらいことになるよ。

どん。すんごいボリューム!あめりか~ん!

これ、一人前? ふた、閉まらないよ。

というか、閉める気ない と言わんばかりに具が溢れています。

ここのお店は「タコライス」だと肉しか乗っていません。
写真の 野菜&チーズのタコライス(600円)
2人で1個食べるのがおススメです!

味はばっちり!美味しかったですよ~。

沖縄本島 北部の感想

沖縄本島って、特に南側はイメージよりコンパクトで
「あれ? もう目的地に着いたんだ」ってことが多かった。

だけど北側は、ぜんぜん違う。

仕事でいつも長めの運転をする夫でも
「なんかすごく遠く感じる」というほど。

「沖縄本島は、思っているよりずっと長い

という結論が得られたのが、この日の収穫。

そういえば、南の斎場御嶽のガイドさんが言っていました。

「本島でも南と北は全然違う。石も土も、植物も景色も違う」と。

そうなんです。

斎場御嶽がある南の方は、白くて柔らかい琉球石灰岩が多い。
加工もしやすいから、切り出して石垣なども綺麗に積んである。

一方、北は硬い石。荒々しく切り立った岩山も多い。
加工することもままならないので、今帰仁城の石垣も
石の形をそのまま利用して積んだものだった。

そして、南では見ることのない豊かな森林。

“やんばるくいな”は、道中に出会うことはなかったけど
「いるだろうな」と思わせる、手付かずの自然を感じました。

同じ本島でも、自然の幅がすご~く広い。

トレッキングや、野鳥・星空観察、キャンプなど、
気候がよい時期に、自然と戯れるのがやんばる地区の楽しみ方なのかな。

「青い海」「青い空」だけじゃない、沖縄の新たな一面を見れた1日でした。

前日の南部、この日の北部あわせれば
『沖縄本島は(車で)一周したぞ!!』って言ってもいいでしょうか?

言っちゃお~。

スポンサーリンク