1歳子連れ 仙台発那覇便◆ベビーベッド(バシネット)利用で沖縄旅行

2019年、1歳だった娘を連れて仙台空港から沖縄本島へ2度行きました。

時期は1歳2ヶ月(夏)と1歳6ヶ月(秋)。

旅の一番の気がかりは、初めての飛行機。

  • 泣いちゃって迷惑かけないかな?
  • お昼寝の時間にかぶりそうだけど、寝れるかな?
  • 座席でずっと抱っこしているのも大変だよな…

と心配はつきません。

が、実際行ってみたら、意外と大丈夫でした!

今回は1歳2ヶ月時の旅行で便利だった、飛行機のベビーベッド席(バシネット)について詳しく書いていきます。

仙台−那覇線の飛行機について

仙台空港から沖縄本島・那覇空港に行くには、全日空(ANA)の飛行機を利用します。

毎日1便、下記のスケジュールで飛んでいます。(2020年4月現在)

1歳2ヶ月 ベビーベッド(バシネット)を利用しました

ベビーベッド(以下バシネット)は飛行機の機内に取り付ける簡易的なベッドです。

座席に座れない小さな赤ちゃんが対象で、利用料金は無料です。

仙台空港発着の国内線でバシネットがあるのは、現在のところANAのみのようです。

仙台−那覇線で通常使用される767−300型機(76P)にも、このようなバシネットを取付できる席があります。

これ、一度使ってみたかったのよね

ということで、まだ歩かないハイハイ期の旅行で利用してみました!

バシネットが使える条件

小さなベッドのため体重制限があり、ANAの場合は体重10kg以下となります。
(他の航空会社では身長にも制限を設けているところもあります。)

ただし体重10kg以下をクリアしていても、ベッドの長さが85cmなので、
身長80cmともなると、結構ギリギリです。

バシネットが利用できる席

バシネットは、どの席にでもつけられるわけではありません。

ギャレーの後ろなど壁になっている席に、パイプを固定して取り付けられます。

767−300型機の普通クラスの場合、座席番号5DF,21DF の席の前が該当します。

↑小さいですが、赤丸部分です。

前の座席がなく、テーブルが自席の肘掛けに収納されているため、肘掛けが上がらない仕様になっています。

また、バッグなどの荷物は前席の下に入れられず、頭上の棚に入れる必要あります。

バシネットの中におもちゃなどをちょっと置いておくことはできそうですが、機内で使いそうなものは、あらかじめひとまとめにしておくと良いでしょう。

バシネットは乗ってすぐは使えない!

小さな子どもがいると優先搭乗を利用できるので、搭乗開始とともにすぐに飛行機に入ることができます。

でも、早めに座席について、すぐにバシネットを付けてもらって・・・というわけには行かないんです。

ベッドをつけてもらえるのは、離陸して安定飛行に入った後〜着陸態勢に入る前まで

離着陸体制の時は、どんなにぐっすり寝ていてもバシネットは外され、抱っこになります。

また、シートベルト着用サインが出ているときも抱っこしなくてはいけません。

バシネットの予約方法

バシネット席は、インターネットで予約することができず、電話予約となります。

767−300機のバシネットは2台分しかありませんので、搭乗する日(便)を予約したら早めに電話しましょう。

今回はネットで大人+幼児の航空券を予約した上で、ANAに電話してバシネット席を指定しました。

  • ANAあんしんご予約デスク 0570-029-701 (受付時間 9:00~18:00)

旅行代理店で飛行機の予約をしている場合は、まず旅行代理店に問い合わせてみるといいでしょう。

電話はすぐに繋がり、以下の内容を聞かれました。

  • 予約番号
  • 搭乗日
  • 搭乗者名全員分
  • ベッドサイズ 長85×幅45×高33cmに入るか?
  • 体重10kgに収まるか?

その他、連絡事項として

  • 幼児分はカウンターで搭乗券を発券するため、当日は係員のいるカウンターで搭乗手続きすること
  • その際、バシネットを利用する旨を改めて伝えてほしいこと

を言われ、6分ほどの通話で終了しました。

電話後、WEBで自分達の予約状況を確認すると、たしかにバシネット席(21D,F)に変更されていました。

利用した感想

子どもは旅行の疲れもあってか、授乳と抱っこで眠りについた後にベッドに降ろしてもぐっすり寝ていてくれました。

この時、身長80cm弱・体重9キロほど。バシネットには入るけどギリギリかな、という印象。

ANAのバシネットはカバーが顔のところまでありますが、顔が見えないのは苦しそうだし親も不安。

なので、頭側はめくって乗せていました。

こんな風にバシネットで寝てくれれば勝利! 母の両手はフリーダム!

帰りの便では、那覇空港で買ったポー玉おにぎりにかぶりついたり、旅行の写真を見返したりと至福のフライトとなりました。

仙台ー那覇間の飛行時間は3時間程度。

バシネットがなくても何とかなりますが、うまく使えればやはり楽です。

そして、この子にとって初めての飛行機。

バシネットに収まる我が子を見てみたい…という私の小さな願望を満たせたので満足いたしました。

ただ、一人歩きしない時期は便利なバシネットも、歩ける時期になると、かえって邪魔かもしれません。

その場合は、座席で抱っこが基本。

そして、機内が空いていれば、当日に隣が空いている座席に変更させてもらうほうが、子ども自身も自由がきくのでバシネットを利用するより楽です。

実際、1歳6ヶ月の訪沖の頃にはスタスタ歩くようになっていたこともあり
「バシネットはいらないな…」と別のアイテム持参で搭乗しました。

次回、そちらを紹介したいと思います。

スポンサーリンク