仙台空港から行く沖縄【石垣島編】

沖縄本島(那覇)から南西に約400kmに位置する石垣島。

世界有数の透明度を誇る川平湾があり、
国内外から注目を浴びているリゾート島です。

さらにこの石垣島のまわりにある

西表島(いりおもてじま)、竹富島(たけとみじま)、
波照間島(はてるまじま)、小浜島(こはまじま)、由布島(ゆふじま)、
黒島(くろしま)、鳩間島(はとまじま)、与那国島(よなぐにじま)

などは、石垣島を拠点に船や飛行機でわたります。

仙台空港から石垣島へ行くには、
どんなルートで行くのがいいか、まとめてみました。

仙台空港発 石垣島は 那覇乗り継ぎが便利

仙台空港から石垣島への直行便はありませんので、
どうしても1回は飛行機を乗り継ぐ必要があります。

現時点で乗り継ぎがスムーズな空港は、那覇または名古屋(中部国際)です。

おすすめは那覇乗り継ぎ。

フライト時刻は記事公開時点のものです。改正等で変更されている可能性もあります。実際の搭乗日でのフライト時刻の確認は必ずしてくださいね。

仙台⇔沖縄本島(那覇)⇔石垣島

仙台から石垣島へ飛行機で行く一番素直な方法です。

  • 仙台⇔那覇(ANA1863/1864)
  • 那覇⇔石垣(ANA 又は JAL系のJTA/RAC)

昼前に仙台を出た飛行機が、那覇に到着するのは15時頃。
そこから石垣行きの便に乗り継ぐと、初日はほぼ移動で終わってしまうのが難点。

しかし、那覇⇔石垣便はANA・JAL系合わせて
1日18便程度あり、スケジュールが組みやすいのです。

なんなら那覇で一泊して、沖縄本島もついでに楽しむなんて方法も!

仙台⇔名古屋(中部国際)⇔石垣島

中部国際空港から1日1往復、石垣便が出ています。

たとえば往路は、

  • 仙台発 8:45⇒ 名古屋着 10:00(IBEX44/ANA3144コードシェア)
  • 名古屋発 10:50⇒ 石垣着 13:50(ANA579)

を利用すれば、那覇で乗継ぐより早く石垣島に到着できますね。

ただし帰りは、石垣⇒那覇⇒仙台の方がスムーズに帰れるんだよなぁ・・・

ピーチを使った大阪(関西)乗り継ぎも考えましたが、
現時点では、往路の乗継時間が噛み合わず。残念。

あとは、羽田空港ですね。
早朝6時台と日中に、ANA・JAL(JTA)の羽田-石垣直行便が数本あります。

ただし、仙台空港⇔羽田空港を結ぶ飛行機はなく、
新幹線など陸路での移動が必要なので、やっぱりちょっと微妙。

仙台からならやっぱり、那覇で乗り継ぐのがベストでしょう。

国内線の乗り継ぎ所要時間

国内線を乗り継ぐ場合、乗り継ぎ空港では、
概ね20分程度(他社便なら30分)の乗り継ぎ時間が
必要とされていますが・・・

那覇空港は慢性的に混んでいるので、着陸待ちがよく発生する印象。

少し遅れる事もよくあるので、ギリギリの乗り継ぎ時間だとハラハラするかも。

那覇空港での乗り継ぎ時間は、少し余裕を持つといいですね。

また、同日乗継ぎする場合は、できれば同じ航空会社にしておくのがベスト。
預け荷物の処理や、遅延などの際のトラブルに対処しやすいです。

手配はパッケージツアーが便利

旅慣れている方は、自分でこだわりの手配をしてもいいのですが、
乗り継ぎ便もある場合、ツアーで一括手配が便利です。

時間的にもきちんと乗継げる便で手配してもらえますし、
ホテルやレンタカーも一緒に申し込めます。

<仙台空港発の石垣島ツアーはこちら>

だいたい、3日間で6万円台~、4日間で7万円台~。

ホテルをさらに自由に選びたいときは、
楽天ポイントが貯まる楽天トラベルの楽パックが便利。

適切な乗り継ぎ便も自動的に表示され、
ホテルのプラン別に比較できるので、選びやすいですよ。

オプショナルツアーも沢山

石垣島に行ったら、なにしよう??

迷うときはオプショナルツアーを検索してみるとイメージしやすいです。

初めての石垣島・八重山ならコレ!石垣島・八重山の人気定番観光&アクティビティ

ツアーでとことんアクティブにすごす日と、
特に決めずにフリーでの~んびりする日を自分で決める、というのも
オプショナルツアーなら自由にできます。

わたしはマングローブカヌーのツアーに参加しましたよ!

初めてのカヌーだったので、最初は全然前に進めませんでしたが、
現地のガイドさんに教えてもらって、すぐに上手く漕げるように~。

途中、野鳥を観察したり、蟹を見ながらマングローブの林をすり抜け、
そのまま海へでる体験は、非日常で楽しかったなぁ。

カヌーのツアーはお値段もわりとお手頃なので、いいかも~。

石垣島・西表島のマングローブカヤック・カヌー ツアー一覧

おすすめのガイドブック

持ち運びに便利な小さめサイズを中心に。
一冊あると、旅のプラン決めが捗ります。

国内線でビジネスクラス気分!?
プレミアムクラス最高!

飛行機をちょっとリッチに乗るなら、ANAプレミアムクラス

仙台-那覇便は、国内線では長めの3時間のフライトなので
プレミアムクラスの恩恵をより多く受けられます。

国内線の普通席のサービスといえば、ソフトドリンク程度ですが
プレミアムクラスなら、お食事が出てきます。
ワインや日本酒も飲めます!

CAさんも、一人ひとりに丁寧に挨拶に来てくれますし、
電動リクライニングのゆったりシートで、疲れ知らず。

預けた手荷物も優先されるので、いち早くレーンに流れてきます。

私は以前、仙台⇒那覇便で利用しましたが、
もうこのままヨーロッパでもどこでも連れて行ってくれ!
って思うくらい、快適でした。

また、プレミアムクラスに搭乗する場合は、
保安検査場をくぐったあとにある仙台空港のANAラウンジも使えます。

ビールやソフトドリンクも無料で飲めますので、
仙台空港にいる時点からプレミアム気分を味わえますよ。

普通席との価格差は、28日前までの予約のプレミアム旅割28なら、
普通席代金にプラス1万円~(片道)でとれるときもあります。

  • ある日の普通席の値段(旅割28) 20,100円

  • ある日のプレミアムクラスの値段(プレミアム旅割28) 30,100円

記念日旅行などにもいいですね!

お昼ご飯の時間をはさむ 仙台⇒那覇便のプレミアムクラスは一押しです。

スポンサーリンク