リゾ婚◆ 仙台発のリゾートウェディング、手配の流れをチェック!

仙台近郊にお住まいなら、仙台空港から直行便で行ける
リゾートウェディングはとってもおすすめです。

わたしも沖縄で挙式しました。

リゾートウェデイングを考えている方の参考に少しでもなればと思い
準備の事を何回かに分けてまとめてみます。

今回ははじめの一歩、予約編です。

手配から挙式までのスケジュール

沖縄に限らず、早い方では1年前から式場の予約するそうですが
実際は半年前後の方が多いそうです。

申込みから挙式まで1ヶ月(!)の方もいます、と
ウェディング会社の方はおっしゃっていました。

一般的なスケジュールはこちらから確認できます。

ちなみにわたしは、約半年前からこんな感じで進めました。

□6ヶ月前

  • ウェディング会社に初コンタクト
  • 家族や同行者へ日程の確認
  • ウェデイング会社にてチャペル(式場)を予約

□~2,3ヶ月前

  • 旅行会社で、自分と同行者分の旅行を一括手配
  • 衣装合わせ
  • パーティー(会食)やロケーションフォトなどオプション申込

□~1ヶ月前

  • 挙式日以外の現地での過ごし方を決定

□~1週間前

  • 最終的なスケジュールの確認
  • 同行者への最終連絡

ウエディング会社に出向いた回数

半年前に式場を予約したあとは、結構のんびりしていました。

お店に行った回数も、打合わせや衣装合わせを含め、片手で数える程度です。

通常の結婚式・披露宴では一般的な前撮りも不要。

会場装飾や、引き出物、余興やスピーチ、お色直しなどに頭を悩ませることは、
ほぼありませんでした。

家族・同行者への打診は早めに

リゾートウェデイングの場合、同行者は近い家族や親友など大切な人になると思います。

同行予定者にはあらかじめ

  • リゾートウェデイングをしたいこと
  • 現時点で分かっている来れない日程
  • 旅費負担の目安(新郎新婦負担or同行者負担)

といったことを話したうえで、式場の仮予約をするのがおすすめです。

話を聞きに行こう

リゾートウェデイングに興味を持ったら、インターネットの検索サイト
旅行会社に置いてあるパンフレットでお気に入りのチャペルを見つけましょう。

そのあと相談に行くと、具体的なスケジュールや料金、
心配なことや分からないこと、さらには自分では思いつかなかった提案など、
色んなことがクリアになり、すごくイメージが湧きやすくなります。

また、ロケーションフォトのアルバムも種類ごとに実物を手にとって見れたり
旅行会社のパンフには載っていないオプションをつけることもスムーズにできます。

仙台に店舗がある主なリゾートウェデイング会社

  • ワタベウェディング (青葉区本町)
  • TUTUリゾートウェディング  (青葉区国分町)
  • アールイズ ウエディング (青葉区国分町)
  • 小さな結婚式 (青葉区本町)
  • H.I.S. ウェディング専門「アバンティ&オアシス」
  • JTBウエディングプラザ、JTBウエディングデスク
仙台に”TUTUリゾートウェデイング”としての直系店舗はありませんが
仙台市国分町の貸衣装店 ソルテール (旧アイム・スーパーウエディング)が
提携しており式もドレスも手配できます。

最初の一歩を踏み出して、リゾ婚を現実のものにしましょう!

スポンサーリンク