国際線 -定期便

2023年1月追記> 新型コロナウイルスの影響により、仙台空港の国際線は運休していましたが、2023年1月18日よりエバー航空の仙台−台北便が再開しました!

令和5年1月現在、仙台空港から直行定期便が設定されている海外は次の都市です。

ただし、新型コロナウイルスの影響により、エバー航空の台北便以外は現在運休中です。

行き先 発着曜日 航空会社
ソウル 毎日 アシアナ航空
大連 火・土 中国国際航空
北京 火・土(大連経由) 中国国際航空
上海 水・日 中国国際航空
台北 毎日 エバー航空
火・木・日 タイガーエア

【国際線】今月のフライト- 仙台国際空港公式HP

台北は3時間半ほどで気軽に行けて、食事も美味しく、親日で治安も良好。

初めての海外旅行はどこに行ったらいいかな? という人がいたら、まず台湾をお勧めしたいです。

2023年1月時点では、エバー航空のみが仙台ー台北便を再開しましたが、タイガーエアも2023年3月26日より運行再開予定となっており、航空券が発売されています。

また、台湾の航空会社 スターラックス航空が、2023年春に台北仙台間の定期便の就航を検討しているという情報もあり、今後も楽しみな路線です。

ソウルは韓国だけでなく、仁川国際空港での乗り継ぎも便利。
特に東南アジア方面へのアクセスがいいです。

ソウル便は曜日により発着時間が異なりますので、旅行計画の際はご注意を。

2019年11月より、中国線の就航地・ダイヤに変更があり、
仙台から大連・北京・上海の3都市に行けるようになります。

大連・北京便は、同じ飛行機です。
仙台を出発すると、まず大連に着陸、その次に北京へ向かいます。

国際線の便数が多い、成田・羽田、関西発は便利ですが
宮城に住んでいるなら、仙台空港発着の直行便は時間のロスが少なく、やっぱり楽!

わたしも旅行を考えるときは、仙台空港発着便が使える日程を積極的に検討しています。