おかえりタイ航空!2019年10月より仙台ーバンコク定期便が再開

もう、5年も経ちましたか・・・

綺麗なパープルをまとってやってきたと思ったら、不安定になったタイ情勢の影響もあり、わずか4ヶ月で去っていったタイ国際航空。

2019年10月より定期便の運行再開です!

東南アジア便、それもフラッグキャリア(タイを代表する航空会社)で来てくれるのはうれしいですね。

仙台発フライト情報

  • 運行日|週3便(仙台発着 水・金・日)

TG626 バンコク(23:50)→仙台(翌日07:30)運航日:火木土

TG627 仙台(11:15)→バンコク(16:05)運航日:水金日

  • 機材| ボーイング777-200型機(ビジネス30席、エコノミー279席 計309席)
  • 飛行時間|約7時間
  • 現地空港|スワンナプーム国際空港

初便はバンコク発2019年10月29日(火)▷ 翌30日(水)仙台着。

折り返しの10/30(水)が仙台出発の初便になります。

帰国は深夜便なので、日中はたっぷりタイ観光を楽しみ、夕飯も食べてから空港にむかえますね。最短4日間のツアーでもタイを満喫できそうです!

タイ基本情報

パスポート・ビザ

  • タイ入国時、パスポートの残存有効日数6ヶ月以上
  • 30日以内の観光目的であればビザ不要

時差

日本との時差は、マイナス2時間。

日本が正午のとき、バンコクは午前10時です。

サマータイムはありません。

公用語

タイ語。

ホテルなどでは英語も通じることが多いです。

気候

高温多湿で基本的に一年中蒸し暑い(日本の真夏程度)

雨季は6〜10月、乾季11月〜5月。
観光には11月〜1月頃がちょうどよい。

7月にアユタヤ遺跡を歩いたら、暑すぎて熱中症になりました(汗)帽子・こまめな水分補給と適度な休息は必須!

治安

概ね良好。

ただし、スリ・置き引き・ボッタクリなどはよくあるので注意。
王宮など観光地には熟練のスリ集団がいます。

睡眠薬強盗、いかさま賭博などもあります。
ウマい話、馴れ馴れしい人からはさっと離れましょう。

他の国同様に気をつけていれば、特に危なかったという印象はなかったです

通貨・クレジットカード

通貨はバーツ(Baht)

1バーツ=約3.5円(2019.6現在)

現地通貨は使い切って帰国するのが理想だけど、残ったタイバーツは仙台空港で電子マネーに交換できますよ!(現時点では紙幣のみ)

余った外貨を気軽に電子マネーに!仙台空港のポケットチェンジを試してみた
旅行先で残った外貨、持て余していませんか? 仙台空港にある「ポケットチェンジ」という機械を使えば、外貨を気軽に電子マネーに交換できます...

クレジットカードは持っていくのがおすすめ。
ホテル宿泊の際にデポジット(預り金)を求められることが多いです。
現金渡し(追加支払いがなければチェックアウト時返却)もできますが、クレジットカードの提示で済むなら、そのほうが楽だし安全です。

また、ホテルだけでなく免税店、土産物店、スーパーなど様々な場所で使えます。

カードブランドは、VISA・MasterCard・JCBがメジャー。
できれば2ブランドあると、殆どの場所で困らないでしょう。

ツアー情報

仙台発直行便のタイツアーです。

▼「タイ国際航空直行便で行く!バンコク」なら、4日間49,800円〜!
初便10/30出発分は5日間で5.48万円です。

▼ タイ国際航空 就航記念スペシャルバンコク フリープラン・観光付きプラン

タイ航空のセール運賃などをチェックするならこちら▶タイ国際航空HP

メジャーな観光地など

バンコク

言わずと知れたタイの首都。
エメラルド寺院や王宮などタイらしい観光から、食べ歩き、街歩きもローコストで楽しめるエネルギッシュな街。

アユタヤ

バンコクから日帰りで出かけられる世界遺産。
全体的に茶色く地味といえば地味だけど、樹木に埋まる仏頭は必見!

バンコクから車で1時間程度、オプショナルツアーがおすすめです。

ビーチリゾート

パタヤなら、バンコクから車で2時間。
プーケットならバンコクから飛行機で2時間。

海はもちろん、水上マーケットや寺院などタイらしい一面も楽しめます。

空港の隠れ食堂

個人的おすすめスポットはここ。

スワンナプーム空港の1階の端っこ(8番出口付近)にある24時間営業の食堂「マジック・フード・ポイント」です。

空港職員向けですが、旅行者も利用OK!
お食事からデザートまで安く楽しめます。

24時間営業なので、夜遅くの帰国便に乗る前の夕食にもピッタリですよね。
ただし大きな荷物は持って入れないので、スーツケースなどは飛行機のチェックインカウンターで預けてから行ったほうがいいでしょう。

クーポン券(100バーツ束)を買って、各店舗で金額分を渡すシステム。
余ったチケットは退店時に払い戻してもらえます。

わたしは、ここで帰国前の夕飯をたらふく食べました!

ガイドブック



タイ国際航空、仙台に帰ってきてくれてうれしいよ!!

ぜひ息長〜く、いやむしろずっと来続けてください。

そういや、仙台ー台北のエバー航空って、いつの間にかタイ航空とANAとニュージーのコードシェアになってたわね・・・

スポンサーリンク